神奈川中央養鶏農業協同組合について

神奈川中央養鶏農業協同組合の主旨

当組合は、養鶏事業の開始当時より一貫して丈夫なニワトリを育成し、管理の徹底と技術の向上を図り『安全で安心な タマゴ』を消費者の皆様に供給することに専念しております。
組合設立より半世紀以上を向かえておりますが、現在も環境アセスメントに基づき認定鶏卵生産者として資格を取得し 順次県下の皆様に信用を博し業務も着実に伸展して居ります。
私たちの生産するタマゴの総合的栄養評価は多くの皆様にご理解いただき、ご愛用賜わって居ります。

当組合が実践する4つの基軸

〜Smiling Together〜神奈川中央養鶏農業協同組合の目指すもの

我々神奈川中央養鶏農業協同組合では“新鮮たまご”で皆様を笑顔にしたいと考えています。
“新鮮たまご”を食べて頂いた消費者の皆様の笑顔、“新鮮たまご”を届けて頂いている流通の皆様の笑顔、そして
“新鮮たまご”を生産している当組合員の笑顔。
“新鮮たまご”で皆様の幸せを創りたいと願っています。

当組合が実践する4つの基軸
上に戻る

概要

名称 神奈川中央養鶏農業協同組合
所在地 〒243-0308 神奈川県愛甲郡愛川町三増1000
電話番号 046-281-1082
設立年月日 1957年(昭和32年)3月
資本金 152,200千円
株主構成 組合員63名・15事業所
事業内容 購買事業(飼料・ヒナその他養鶏資材の協同購入)
販売事業(鶏卵の処理販売・鶏糞肥料の処理販売)
直売店の管理運営
代表者 代表理事組合長 彦坂 茂
e-mail info@chuoyokei.or.jp
決算期 年一回 3月
上に戻る

沿革

昭和 32年3月 神奈川県座間市栗原6050番地に組合設立
  37年10月 愛甲郡愛川町に分場を設置
  39年3月 愛川町に食鶏処理場を設置
  45年12月 本所並びに養鶏場を愛甲郡愛川町に移転
  46年3月 株式会社神奈川鶏卵GPセンターを設置
  9月 静岡中央養鶏農業協同組合を設置(グループ組合)
  62年4月 鶏舎改造5ヵ年計画を立案
平成 2年4月 ウィンドレス鶏舎愛川農場完成
  4年10月 ウィンドレス鶏舎カナチュウファーム完成
  5年10月 公害・環境アセスメントとして鶏糞醗酵装置完成
  11月 低温流通倉庫完成
  6年9月 タマゴ直販センター開設
  8年6月 冷蔵輸送車による配送を開始
  9年1月 大型冷蔵保管庫完成
  10年8月 日本マクドナルド株式会社よりHACCPの認定証を取得
  14年6月 品質管理室設置
  15年9月 トレーサビリティ、生産・流通までのシステムを確立
  16年3月 鳥インフルエンザ対策、主に生産・農場・GPの防疫の確立
  19年11月 自動車両消毒装置導入
  23年1月 鶏卵パック包装機器更新
  24年4月 直販センターを「卵菓屋」としてリニューアル
  10月 6次産業事業認定
  25年6月 神奈川中央養鶏農業協同組合ホームページリニューアル
  7月 組合直売店「卵菓屋」ホームページ開設
上に戻る
卵菓屋へのバナー